教習所の縦列駐車・・コツはあるの?苦手意識を克服しよう

緊張する教習所の縦列駐車 コツは基本を頭に入れること

教習所で縦列駐車する時は緊張していまいますよね。どのようなことに注意するといいのでしょうか。コツは基本を頭に入れることです。

まず車を縦列駐車する所に停めます。隣の車よりも少し前、横に1mの間隔をあけて車を停めます。そして大切なのは縦列駐車に必要なスペースは自分の車の約1.5倍になります。後ろの安全を確認しながらまっすぐにバックします。リアバンパーの位置が隣の車と同じ位置に来たら車を停めます。もし同じサイズは隣に停まっていた場合は、自分の車の運転席が隣の車の運転席と同じ場所に来たら停めます。

停めたままハンドルを左いっぱいにきって、そのままバックします。停車したままタイヤがまっすぐになるようにハンドルを戻し、ゆっくりバックします。右後輪が白線の上にきたら停車しましょう。目視か右のバックミラーで確認をします。停車したらフロントバンパー左のいちを前の車の間隔をみます。車を左に寄せて終わりです。

教習所の縦列駐車のコツはスタートする場所

縦列駐車を失敗する原因の1つとして、スタートする位置を間違えている可能性があります。一般的な車庫入れは、斜めに前進してからバックしますが、縦列駐車の場合は前方の車と並行に停める必要があるのです。縦列駐車に必要な場所はないと縦列駐車をすることが出来ません。車が大きいとそれだけ広い場所が必要なので注意しましょう。

教習所での実車や卒業検定では、縦列駐車する時に目印になるポールの役割はとても大切です。最初の角にあるポールはハンドルの操作のコツを掴むカギになります。試験管への動作確認の有無や、安全確認をするタイミングになるのでとても重要な役割になります。そして慣れるまではゆっくりとアクセルを踏むようにしましょう。縦列駐車は難しいので慎重にハンドル操作することが大切です。アクセルを強く踏むとスピードが出てしまうので焦りが出ます。そして前後に停まっている車にぶつけてしまう可能性もあるので注意しましょう。慣れないうちは停車してからハンドルを戻すようにするといいです。縦列駐車する時は何度もハンドルを回さないといけません。慣れないうちは車を停めてすることで安全でより安心です。

教習所の縦列駐車のコツは落ち着くこと

教習所での縦列駐車する時のコツは落ち着くことです。まず3回とまることを頭に置きます。そして窓を開けます。三角窓から左の1番かどのポールが見えたら一旦止まり左いっぱいにハンドルを切ります。そのままバックをして窓から顔を出して右1番奥のポールが見えたら止まり、ハンドルをまっすぐに戻します。そして駐車する所と車道の境目のラインを車の右後方端が重なったら一旦止まり、右いっぱいにハンドルをきってバックします。窓から顔を出し車がラインの内側に収まったらサイドブレーキをかけて終了です。

何度か練習することでコツは掴めるようになります、しかしいっぱいハンドルを切るとクラッチにかかる抵抗が増えるのでマニュアル車の場合はエンストしやすくなるので注意しましょう。他には慌てないことです。焦ると普段出来ることも出来なくくなります。

教習所の縦列駐車のコツはイメトレすること

教習所での技能実習で縦列駐車があります。この縦列駐車が苦手と思う人多いですよね。縦列駐車する時はコツはあるのでしょか。

車の駐車が苦手な人が何となくと感覚だけで運転すると、周りの車にぶつけてしまったり、何度もハンドルを切り返すということになります。だからこのスペースに入れるなら、あの辺りまで進みハンドルはこのタイミングで切ると実際に車を運転する前にイメージしておくことが大切です。教習所に行く前にイメージトレーニングをしておくといいです。
縦列駐車するには何度も練習することが上達するポイントになります。

実際に路上に出て縦列駐車をする場合もあります。後ろから近づいてくる車が気になったりして焦ってしまいます。そんなときも慌てずゆっくりと駐車するようにしましょう。相手も教習所の車とわかっているので意地悪はしません。ゆっくりと縦列駐車をしましょう。

教習所で習う縦列駐車は苦手な人が多い!諦めずに練習あるのみ

教習所では出来た縦列駐車ですが免許を取得しても苦手と感じる人が多いです。その理由として、ゆっくりとハンドルを切り替えしても何故か同じ場所に車が停まったり、いつまでたっても縦列駐車が出来なかったり、教習所ではこのポールがミラーの位置に来たらハンドルをきると教えてもらったいたのに、実際には応用が出来ないので縦列駐車が苦手と感じる人教習所では出来ていたけど、免許を取得してからは縦列駐車をしない人が多いのです。

しかしポイントやコツをしっかりと掴むことで案外簡単に縦列駐車することが出来ます。何度もトライすることで確実に駐車することが出来るので苦手に思わないでチャレンジしましょう。

練習する場所としては自宅の駐車場で練習してもいいですし、ショッピングセンターなどの広い駐車場を利用して練習してもいいです。時間を見つけてコツコツ練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です