【トランプの遊び方】 2人でも楽しめる厳選ゲームをご紹介します

2人でも楽しめるトランプ「戦争」の遊び方とは

2人で遊べるトランプ「戦争」のやり方をご紹介します。

●トランプ「戦争」

・必要なもの

ジョーカー以外の52枚のトランプカード

・ゲーム内容

カードをお互いに出して、その出したカードの数を比べて、より強いカードが勝ち

・カードの強さ

強い順に、エース、キング、クイーン、ジャック、10、9、8、7、6、5、4、3、2です。

●遊び方

・よく混ぜたトランプのカードを裏のまま、1枚ずつ全部配ります。

・相手のはもちろん、自分のも見ないで、裏にしたまま片手でカードをお互い持ちます。
・一番上になっているカードから、「せーの」などと言いながらめくって同時に1枚出します。
・強いカードの方が勝ちで、勝ったら、その場にある2枚のカードをもらいます。

同じ数字が出た場合は、もう1度カードを掛け声と共に同時に上から出します。

勝った人が、そこにある4枚がもらえます。

同じ数字が続けば続くほどカードがたまっていき、次に買った人が1度に溜まっていた分が手に入ります。

・お互いの手札がなくなった時に、より多くのカードを手に入れていた方が勝ちです。

トランプの遊び方の中でも2人の心理戦となる「ゲスイット」とは

2人で遊べるトランプの心理戦「ゲスイット」のご紹介です。

●トランプ「ゲスイット」

・必要なもの

1つの種類のマークの13枚のカード

・ゲーム内容

相手がもっているカードに対しての質問をしながら、真ん中にある裏にしたカードの数字を当てる心理戦です。

●遊び方

・カードを裏のまま6枚ずつ配る
・残りの1枚を裏向きのまま真ん中に伏せて置く

・配られた6枚のカードを相手に見せないように自分の手札とする
・お互いに順番に、手札の事に関しての質問を1つして、質問された人はその内容に正直に答える

(相手のカードの中に、何番のカードを持っているかなどの質問を1つだけして、質問されたら正直に、はいかいいえで答えないといけません)

自分がもっているカードの数字を、持っているか質問する事も可能です。

真ん中に置かれた数字が分かった人は、その時にその数字を宣言しましょう。

伏せられていたカードをめくって、その数字と同じだったら宣言した人が勝ちです。

もしも宣言した数字が間違っていたら、宣言された人が勝ちとなります。

花札が好きな人におすすめな2人でできるトランプの遊び方「カジノ」

トランプのカードでも、花札に似たようなルールのトランプゲーム「カジノ」のご紹介です。

●トランプ「カジノ」

・ゲーム内容

手札と場札があり、組み合わせてカードを取っていきます。

場札から、手札と数字が同じカードを取っていき、つけ札をしてから取る事も可能です。
手札と場札を全部取ったら終了で、得点を計算し、早く21点になった方が勝ちです。

●遊び方

・トランプカードをシャッフルして、裏に伏せたままお互い4枚ずつ配ります。
・場札で、表向きにした4枚を真ん中に並べます。
・他のカードは山札として裏にしたまま置きます。

・自分に配られた4枚のカードを手札として、相手に見られないように持ちます。
・場札に手札と同じ数字のカードがあれば取っていきます。

・取れるカードがなければ、手札からカードを1枚場札として出します。
・手札がなくなったら、山札から4枚カードをとります。
・手札も山札もなくなった時に1回目が終わり計算します。

先に21点取った人が勝ちです。

●計算のやりかた(得点)

・カード点3点。

手持ちにあるカードがより多い方がカード点として3点計算されます。

・スペード1点。

スペードのマークのカードがより多い方が1点計算されます。

・エース1点。

エースのカードは1枚ごと1点計算されます。

・スイープ1点。

場札を全部とった人は1点入ります。

・ビッグカシノ2点。

ダイヤの10を持っている人は2点入ります。

・リトルカシノ1点。

スペードの2を持っている人は1点入ります。

2人でも簡単で楽しめる簡単なトランプの遊び方「四つ角」について

2人でも複数でも遊べるトランプ「四つ角」のご紹介です。

●トランプ「四つ角」

・必要なもの

トランプのカード54枚

・ゲーム内容

大体でいいので四等分に分けて四つの角になるように並べて、NGである数字を引いたり最後の1枚を引いたらバツゲームがあるゲームです。

●遊び方

・四等分に分けて四つの角になるように並べます。

・前もってNGとする数字を2人で2つ決めておきます。

・真ん中に2枚のカードを出します。

・どこでもいいので、角からカードを1枚ひいて、真ん中に出ている2枚の右側に置きます。

・左から1枚カードを流して、次の人がまたカードをひく事を繰り返します。

・NGと決めておいた数字を引いたら、その引いた人がバツゲームになります。

・ジョーカーを引いた人がいたら、その前にカードをひいた人がバツゲームになります。
・バツゲームをしたり、ジョーカーを引いた後は、同じ人からまた始めます。

・最後の1枚を引いた人はバツゲームが2回です。

2人でトランプをするなら「インディアンポーカー」にしよう

2人でも複数でもできるトランプ「インディアンポーカー」のご紹介です。

●トランプ「インディアンポーカー」

・必要なもの

トランプのカード(ジョーカー以外)52枚

・強さの順番

強い方から、ジョーカー、エース、キング、クイーン、ジョーカー、10、9、8、7、6、5、4、3、2です。

●遊び方

・最初に始める人から、左隣から時計回りに1人1枚ずつ、カードを裏にしたまま配り伏せて置きます。

・配られたら、自分はそのカードを見ないようにして、相手に見えるようにおでこの前に向けます。

・自分以外はみんなカードが見えている状態で、周りの反応を見て、自分のカードと相手のカードがどちらが強いかを判断します。

・カードが配られた順に、自分は勝てないと思えば自分のカードを真ん中に表向きにさらして「ドロップアウト」と言ってゲームから降ります。

勝てると思えば続行を宣言します。

全員がドロップアウトしたり、全員が続行を選んだら、続行と宣言した人達全員のカードを出して、1番強いカードを出した人が勝ちとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です