目の大きさの平均や女性の大きな目のサイズと大きく見せるコツ

女性の目の大きさの平均を知るための目の大きさの測り方

女性だと自分の目の大きさは殿くらいなのか気になる人は多くいると思います。

では目の大きさの測り方をお伝えしていきます。

簡単に言うと、目の大きさは外眼角幅から内眼角幅を引いてそれを2で割った数値になります。

外眼角幅は左目の外側の端から右目の外側の端の長さを言います。
内眼角幅は左目の内側の端から右目の内側の端までの長さを言います。

その為、外眼角幅から内眼角幅の長さを引くと両目の大きさになり、2で割ることで片目の長さを出すことができるのです。

自分で図るときは直線を意識して図るようにしてください。
鼻筋にメジャーを当ててしまうと長さに狂いが生じてしまうので気を付けてください。

目の大きさを図るメジャーも売っていますが、定規やメジャーを使って測ることができるのでチャレンジしてみてください。

男性と女性別の目の大きさの平均について

上記の方法で自分の目の大きさをまず把握してみてください。
そうした上で世間の目の大きさの平均と自分の目の大きさを比べてみましょう。

目が大きいほうが良いというわけではないですが、目が大きいほうが美しいと思っているのであれば、平均より目が大きいと嬉しいですよね。

目の大きさの平均は男女別で以下のようになっています。
ここでは18歳~34歳の平均値を見ていきます。

●外眼角幅の平均

男性の場合は平均値として9.36㎝、女性の場合は平均値8.92㎝と男性の方がやや大きめとなっています。

これは骨格の問題で顔の大きさ自体男性の方が大きい事が考えられるでしょう。

●内眼角幅の平均

男性の場合は平均値として3.49㎝、女性の場合は平均値3.43㎝とあまり大きな違いはありませんでした。

●目の大きさの平均

上記から計算し、男性の目の大きさの平均値は2.935㎝、女性の場合は2.745㎝という結果になりました。

ちなみに、黒目の大きさの平均値は、日本人の場合11~12㎜ぐらいだといわれているようです。

目の大きさが平均よりも大きい女性の目のサイズ

大きな目や細い目の基準というのはどういったものなのでしょうか。

目の長さが長くても横幅が狭く手細い場合は大きいといえない場合もあるでしょう。

そこで、目の大きさや細さを判断する基準を考えるために数値を設定してみましょう。

18人の目の幅を見ていくと、白目までの大きさという基準で自己申告での大きさをデータとしてみていくと、縦幅の平均は1.5㎝、横幅は3.3㎝という結果でした。

この平均値を基準とするのであれば、目の縦幅が1.5㎝以上、横幅は3.3㎝以上の人は目が大きいということができるでしょう。

18人のうち3人は出目金サイズの目の大きさだったので平均から覗いてみましたが、結果はさほど変わりませんでした。

黒目の大きさは皆同じ!黒目を大きく見せるコツ

黒目の大きさが大きいと可愛らしいという雰囲気を感じる事があるでしょう。
世の中にはカラーコンタクトレンズをつけて黒目を大きくしようとする人も多くいますよね。

黒目の大きさにはさほど違いがなくても、見え方が違うのはなぜなのでしょうか。

それは、「まぶたの筋肉」に原因がある事がわかります。

まぶたを開ける筋肉が強い人は目を大きく開けることができるため、黒目が大きく見えます。

反対に、まぶたの筋肉が弱い人は目をあまり開けていないので黒目が小さく見えるのです。

このことからわかるように、アイプチなどで二重を作る際、まぶたを上にあげることで黒目の大きさがより大きく見えるようになります。

黒目を大きく見せたいと思うのであればまぶたの筋肉を鍛えてみるとよいでしょう。

方法としては、目を大きく見開いたり、目を強く閉じたあとに力強く開いたりしてみてください。
意識的に目の周りの筋肉を使うようにしてみると徐々に筋肉が鍛えられてくるでしょう

簡単に目を大きく!顔を小さくするエクササイズ

ではここでは目を大きく見せるためのエクササイズや、顔を小さく見せるためのエクササイズを紹介していきます。

●目の大きさを大きく見せるエクササイズ

目の大きさをより大きく見せる見せるためには目の周りの筋肉を鍛える必要があります。
方法としては、ウインクをする感じで、片目ずつ交互に強めに閉じてください。
これを10回ほど繰り返します。

他にも顔を動かさない状態で、黒目を上下左右に動かしてみてください。

先ほども伝えたものに似ていますが、両目を強くぎゅっと数秒閉じて、その後大きく目を見開いてください。

その後は普段と同じように自然な状態に戻します。

●顔の大きさを小さく見せるエクササイズ

顔の大きさを小さく見せるためには顔の筋肉の引き締めが必要です。

方法としては、両手をクロスして胸に当て、首筋を伸ばすようにして上を向きます。

この状態で口を置きく開け、「あ、え、い、う、え、お、あ、お、」と言葉を発してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です