日本の鉄道に対する海外の反応とは?良いことばかりとは限らない

日本の鉄道は驚きの連続!そんな海外の反応とは?

日本には鉄道ファンが多く、中には海外から日本の鉄道を見たり乗ったりしようと訪れる人もいます。
しかしいい反応ばかりだけではなく、中には驚きを感じているケースもあります。

一番多く聞かれたのが、なんと言っても時間です。
日本は時間厳守が当然のことで、鉄道が時間を守らないという概念さえありません。
よほどの理由がない限り、日本人からすると、時間通りに運行することが普通、時間通りではない方が驚きます。

それが逆に海外の人には驚きだ、という反応が多くありました。

1分たりとも遅れないなんて考えられない!と言った感じです。

遅れてしまうときは、例え数分であってもアナウンスで知らされ、謝罪の言葉も添えられます。
これも日本人からすると、普通の光景です。

しかし海外の人からすると、いちいち律儀に報告することや、謝罪までするなんて信じられないようです。

反対に、鉄道が定刻時間よりも20秒早く出発したことを謝罪したということがありました。
日本では特に驚くことではないですよね。
なぜなら定刻通りではないからです。

しかしこの謝罪が、海外ではニュースとして取り上げられるほどです。

鉄道の時間に関しては、日本と海外では大きな違いがあるようですね。

日本の鉄道は時間には正確だけど、通勤ラッシュに対する海外の反応は

海外の人にとっては、通勤ラッシュの満員電車も興味深いようです。
あまりの混雑ぶりが不思議でたまらないらしく、実際に体験するために乗車する人もいるようです。

海外の反応としては
・ひどすぎる光景
・耐えられない
・酸素が足りない
など悲観的な反応がありました。

しかし中には
・混雑時でも順番を守っていてすごい
・みんなきちんとマナーを心得ていて、さすが日本人
といった称賛の意見もあります。

いずれにしても衝撃的だということには変わりません。
いつもは大人しい律儀な日本人が、鉄道のドアが開いた瞬間に車両へ突進していき、駅員が乗客をグイグイ押す光景にも驚くという反応が多かったです。

大人しい日本人が突然攻撃的になり、今まで見たことのない日本人の一面を見たような気持ちになるそうです。

日本人が鉄道で居眠りすることに対する海外の反応とは?

日本人が鉄道で居眠りをする光景にも、海外では驚きの反応を示しています。
鉄道だけではなく、カフェやレストランでも居眠りをしている人を見かけることがあるようで、ありえない!と言う声があります。

日本人からすると、爆睡しているわけではないし、わずかな時間の休息としか思わず、周囲に迷惑がかかっていなければ特に大きな問題があるわけでもないと思います。

ではなぜ海外の反応は、こんなにも驚いているのでしょう。

そこには日本の平和さがあります。

海外ではうっかり居眠りをすると、スリなどの犯罪に遭ってしまう可能性が高く、自分の身を守るためにも居眠りは考えられないという考えです。

しかし日本では居眠りをしたからといって、なにか犯罪に遭ってしまうケースが非常に少ないです。
居眠りが危険な行為だと認識している日本人は、多くはないと思います。

日本の犯罪率が低いからこそ、私たちは鉄道で居眠りをすることが出来るのですね。

日本人のこんなところにビックリ!海外の反応をご紹介します

ここでは実際の体験談を基に、ビックリエピソードを紹介していきましょう。

・留学生に

先生が日本人を集めて、何やらミーティングをしていました。
内容を聞いてみると「トイレに行くときやなにか短時間の用事だとしても、席を立つときはパソコンやカバンは必ず持って行きなさい」という内容でした。

日本では少しの時間なら、パソコンやカバンを置いたまま席を立つのかと驚きました。
いかに日本が平和な国かということを感じました。

・電子マネーカード

日本へ旅行に行ったとき、電子マネーカードを落としてしまいました。
気付いて戻ったときにはすでになくなっていて、諦めていました。

中には日本円で一万円近くあり、自分の不注意だと思いました。

しかし念のため鉄道会社に問い合わせたところ、お金も手付かずの状態で届けられていました。
翌日には自分の手元に戻ってきて、日本人の心に非常に感謝しました。

鉄道に乗っている日本人のマナーに対する海外の反応とは?

海外の人が日本の鉄道に対しての反応は、良い印象と良くない印象が混在していました。
それぞれの意見をまとめていきましょう。

良い意見
・日本のように、鉄道の時間やシステムがきちんとしている国は他にはない。
・日本のような鉄道システムなら、車を利用しようとは思わないくらい快適。
・自分の国の鉄道会社でも、日本のようなシステムを導入してほしい。
・他の部分でも日本に魅力を感じていて、鉄道を利用してさらに日本が好きになった。

良くない意見
・一人で二人分の席を使っている人が、時々気になる。
・混んでいるときは、押し合っている状態でさすがにマナーが悪い。
・妊婦やベビーカーを押している子連れには、態度が冷たく見える。
・混んでいるときは、優先席を譲ってくれない
・車両の狭さと、値段の高さが気になる

国が違うと文化や風習も違います。
このような違いが、さまざまな意見を生み出しているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です