カラオケで自分の声が聞こえない場合はこんな方法を試してみて

カラオケで歌っていて自分の声が聞こえない経験はありますか

みんな大好きなカラオケ!友達と一緒にカラオケで歌うと盛り上がって楽しいですよね。
でも、自分の声が聞こえないと感じる事はありませんか?
自分の声が聞こえないと、音程があっているのか、そしてリズムもあっているのかもわかりません。
私もこの経験があります。あなたもありますよね?

この場合、どんな対策をしたら良いのでしょうか。

それは、カラオケの伴奏を音量を下げる事です。そしてマイクの音量をあげましょう。これで自分の声が聞こえるようになります。
自分の声が聞こえないと、音程が取りにくいものです。これはプロも同じです。

また、自分の声が聞こえなくて音程が合っているのかわからない場合、音程はもう感覚に頼るしかないでしょう。
大音量のカラオケの場合で自分の声を聞きたい場合は、片耳をふさいでみてくださいね。

カラオケから聞こえる声が自分の声に聞こえないのはなぜ?

カラオケで歌っていると、そのマイクとスピーカーを通した自分の声が、なぜか自分の声に聞こえない事ありませんか?

これには理由があったのです。

いつも自分が聞いている声というのは、自分の中で「骨伝導」をして耳に届いている声です。

しかし、周りの人が聞いている声は、自分が息を吸い、そのまま喉を通して出てくる音色を聞いているのです。

この違いが、自分に聞こえている声とマイクとスピーカーを通した自分の声に、違いを生んでしまうのです。

私はカラオケではなく、ビデオ撮影したものを見ると「私ってこんな声だったかな?」と違和感を感じていましたよ。いつもよりちょっと高い声に聞こえました。

自分の声は、骨を通して聞こえているという事を知った時はちょっと驚きました。

カラオケで自分の声が聞こえないなら聞くトレーニングを

カラオケで自分の声が聞こえない、自分の声ってどんな声だったのか見失ってしまう事もあるのではないでしょうか。

そんな時は、聞くトレーニングをしましょう。

その方法は、自分の声を録音し、何回も聞いてみるトレーニングです。

録音した自分の声に違和感を感じますよね?その理由を上記でお伝えしましたが、この違和感が、自分の声を見失ってしまう原因になります。

その違和感をなくしましょう!そのために録音した声を何回も聞くのです。

スマホでも、録音できるようになってますよね。
また、録音ではなく、リアルタイムに音が帰ってくる環境でトレーニングしても良いでしょう。
その方法は、マイクの声を耳に密閉式ヘッドフォンで聞くようにすると、リアルタイムで声が聞けます。

録音された自分の声に慣れるまで頑張ってくださいね。

カラオケボックスと家で歌う時の聞こえの違いについて

カラオケボックスに行きたいけど、都合が悪くて行けない時、カラオケに行くお金もなくなってきた時、家で歌う事もありますよね?
でも、カラオケボックスと家では、声の聞こえが違いませんか?

例えば自分の部屋やお風呂だと歌う場合、自分の声がよく聞こえ、いい感じに反響して自分の声が増幅されますよね!なんだか歌が上手くなったように勘違いしてしまいそうになります。

しかし、カラオケボックスでは、ほとんどのお店で店舗でも大きな音量で音楽がかかっていて、その音をかき消すためにカラオケボックスのマイクの音量も最大にしていますよね?
カラオケボックスでも部屋でも、反響についてはそんなに変わらないのですが、周囲の騒音が大きいカラオケボックスは、自分の声はとても聞き取りにくい環境なのです。
家ではあんなに上手く歌えるのにな…と思ってしまう事もあるでしょう。

カラオケボックスでも自分の声を聞きたい場合は、最初にお伝えしたように、片耳を指で塞いでみてください。また、 手のひらを耳の裏にかざしてみてもいいですよ。

自分の声が小さくて聞こえないなら声量アップのトレーニング

カラオケのマイクの音量をあげても、声が小さくて聞こえないなんて人もいるのではないでしょうか?

そんな人は、声量をアップするトレーニングをしましょう。

トレーニング法を紹介します。

まず、軽く口を閉じ、口は「い」の形でスーッと音を立てて息を吐きます。

歯が息をせき止めるので、普通に吐くよりちょっと長めに息を吐いていけますよね?
息を吐く時は、お腹が締まっていく事を意識してください。

なるべく長い時間をかけて、一気に息を吐くのではなくゆっくり吐くと、お腹が締まっていく事も意識しているので、腹筋が辛くなってきませんか?
これで腹筋を鍛える事もできますし、コントロールもできるようになるのです。

次は、短い時間で息を吐ききる練習です。

先程と同じで、軽く口を閉じ、口は「い」の形でスーッと音を立てて息を吐きます。 お腹の意識も忘れずに。
この時、まっすぐな姿勢をキープするようにしましょう。力が入って前傾姿勢にならないように気をつけてくださいね。

このトレーニングを毎日続け、 あなたも声量をアップしちゃいましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です